So-net無料ブログ作成

小学生が公園で必死にどんぐり拾い。 何故? [イタリア]

「秋の恵みを東京でゲット。まずはギンナンを拾ってみようか。」
http://blog.so-net.ne.jp/nikitoki/2006-10-07-6
でも書きましたが、先日、浜町を訪れました。

その時、浜町公園では近所の小学生たちが、
必死にどんぐりを拾っていたんですね。
あまりの真剣ぶりに思わず声をかけたら、
学校の「宿題」と言うんです。
どんぐりを植えて、芽を出し、それを移植すると。

都会の学校で「ドングリ」を拾ってくるのが「宿題」
という事に驚きました。

どんぐりの事を色々と調べてみました。

まず知ったのは、「どんぐり」は、食べられるということ。
縄文の人は、どんぐりを貴重な食糧としていたらしい。
アクを抜くなど手間はかかるが食べられる。
種類によっては、「煎る」だけでも美味しくいただけると。
狙い目は、スダジイとツブラジイだそう。
東京ガスの「どんぐりの料理法」のページ。
http://home.tokyo-gas.co.jp/shoku110/shokuzai/424.html
じゃー、東京のどこにあるんだというと、
東京「23区のどんぐり情報」を調べたのがこちら。
http://www.green-acorns.com/23ku.html
都内各地にありますね。

10月22日に東京港野鳥公園で、どんぐり拾いのイベントもあります。
10月21日(土)までに電話受付で申し込み。定員50名になり次第受付終了。
終わっていたらごめんなさい。前日までに定員に満たない場合は、
当日も先着順に公園にて受付をするそうです。
東京港野鳥公園 電話03-3799-5031
http://www.enjoytokyo.jp/OD004Detail.html?EVENT_ID=51862

小学生が言っていた移植とは?
おそらくNPO法人「ドングリの会」の活動かもしれません。
http://www.oakv.co.jp/oakgroup/donguri.html
ここは、ドングリを集め、苗木に育て、移植するという活動を、
20年余りもやっているんですね。
「東京都や清見村にある苗畑」とあるので、多分そうではないかと。

ところで、韓国では、「どんぐり」のことをトトリと呼び、料理もあります。
「トトリムッ」っていう一見ごま豆腐みたいなものを食べた記憶が。
身体に良いそうです。
http://japanese.tour2korea.com/05food/LocalFood/gw_08.asp?kosm=m5_3&konum=7

そうだ。どんぐりと言えばイベリコ豚ですね。
スペインの美味しい豚として知られるイベリコ豚の中でも、
最高峰は「どんぐり」で太らせたもの。
その名もずばり「ベジョータ」(スペイン語でどんぐり)と。
どんぐりの独特の香りがうまい脂を作り出すんだそう。
あたしが某所でいただいたハモン・セラーノは、これだったのでしょうか?
 賞味期限:2007年1月31日 cool便/・ハモン・イベリコ・ベジョータ・スライス・50g・TORREON
さらに「ベジョータ」というどんぐりリキュールもある。
ラス シンコ ベジョータス 700ml 17度
これはまだ飲んだことがありません。どんな味なのか?

イタリア語でどんぐりはbalut。
スペインと同様、「どんぐり」を食べさせて太った豚は最高です。
トスカーナ州では、流通量は少ないが、どんぐりが大好物の豚、
チンタ・セネーゼ(チンタはベルト。セネーゼは街の「シエナの」という意味)
から各種の生ハムが作られています。
【幻の豚、そして究極の味わい!】チンタ・セネーゼ/プロシュート(約230g~300g)グラム当り/...

さらにどんぐりの木と森は、自然と人間を守ると注目されています。
ドングリの木(クヌギ、カシ、ミズナラなど)を山に植えることで、
豊かな自然が日本に戻る。
土砂崩れなどの災害を防ぎ、どんぐりが動物たちの餌となり、
二酸化炭素を吸収し、酸素を出し、地球温暖化を防ぎ、人間を守ると。

いのちを守るドングリの森

いのちを守るドングリの森

  • 作者: 宮脇 昭
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2005/01
  • メディア: 新書


たかがなんて思っていましたが、
実は、「どんぐり」って偉大なんですね。
見直しました。
今度は、どんぐりも拾いに行こうかな。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(4) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 4

トラックバックの受付は締め切りました