So-net無料ブログ作成
検索選択

サンマリノ共和国が神武天皇の金貨を12月に発行。マニアよ急げ! [ネットで稼ぐ]

サンマリノ共和国が神武天皇の金貨を2007年12月に発行するそうです。

サンマリノという国はご存じでしょうか?

イタリアの中部にある世界で一番古い共和国です。
外務省のサンマリノ共和国の紹介ページ。
http://globalwarming.mofa.go.jp/mofaj/area/sanmarino_r/index.html
(イタリア半島の中には、サンマリノの他にバチカン市国があります。
サンマリノは、聖マリノという石工マリヌスの名前。ローマ皇帝ディオクレティアヌスによる
キリスト教迫害を逃れるために、信徒仲間とともに山にこもって抵抗。
そこから国が生れたとされる。
サンマリノの平均寿命は高く、日本と世界一を争っている。
そこでこの国の名前を知った方も多いのでは?
F1ファン、アイルトン・セナのファンの方は、もちろんごサンマリノGPで、
よくご存じでしょうね。しかし実際、行われていたのは、サンマリノではなく、
イタリア国内のイモラですけれど)

サンマリノとバチカンについては、
2006年9月21日のエントリー
ユーロコインで小銭稼ぎ?》でご紹介しました。

サンマリノ共和国がなんで国の生計をたてているかというと、
観光と記念切手、硬貨の発行によってです。

10月10日東京新聞朝刊、
《神武天皇の金貨発行へ サンマリノが12月に8000セット》
(ネットにはのっていない)

神武天皇は、日本の初代天皇とされる人物。
なぜその金貨をサンマリノが発行することになったかというと、
日本は、世界最古の君主国、
サンマリノは世界最古の共和国というところからだそう。

詳しくは、日本サンマリノ友好協会のサイトでということなので、
http://www.j-sm.org/special/index.html
見てみると、大きさの異なる2種類の金貨が発行される模様。

5スクードと2スクード。
(スクードは、昔、サンマリノ共和国で使われていた通貨の単位とのこと)
どちらも22金。
5スクードの方は、直径28ミリで、重さが16.96554グラム。
2スクードの方は、直径21ミリで、重さが6.45161グラム。

それぞれのデザインは、サイトでご覧ください。
気になるお値段ですが、2つ1セットで24万円。(送料込み)

《各8,000枚うち5,000セットが日本を中心としたアジア地域にて発売》だそうですので、
お金のある方はお早めにお申し込みください。(サイトで、現在予約受け付け中)

なおイタリア、サンマリノ《両国の銀行ユーロに換金が可能で、
換金時のレートは二十二金の市価を基に計算される。》そうです。

現在、金はかなり上昇基調ですね。
しかしそれでも10月10日時点で1㌘2950円。
(純金、つまり24カラット、24金の価格です。
上記の通貨は22金のため、値段は下がります)

まあアバウトにグラム3000円としても、
1セット(約23.5グラム)で、7万円ほど。
まあプレミアムがつきそうですから、
換金する人はいないでしょうけれど…。

1994年5月1日。
ファンの人にとっては忘れられない日でしょう。
あれからもう13年余りもたっているのですね。
アイルトン・セナの走りをおさめたDVDです。
■アイルトン・セナ DVD 【セナに捧ぐ-Official Tribute To Senna 】
特典付■10%OFF+送料無料(9...


サンマリノ共和国の数少ない産物がワイン。
この辛口の白ワインは、地ぶどうの品種ビアンかーレを使ったもの。
サンマリノ共和国政府認定のワインです。
[2004]サンマリノ・ビアンカーレ 750ml[2004]San Marino Biancale 750ml
こちらは、サンジョベーゼ100%の赤。
[2001]サンマリノ・ブルネート 750ml[2001]San Marino Brugnet750ml

サンマリノ共和国を含む、世界の小さな国40カ国ほどを収録したDVD。
これは結構面白そう。
『世界の小さな国 DVD-BOX』


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました