So-net無料ブログ作成

アリタリア航空破綻。会社は二分割され、新会社と清算会社に。 [旅行]

以前から何度もおつたえしているアリタリア航空問題。

先日は、新会社と清算会社に二分割する枠組みで
出資者が合意したと述べました。

アリタリア航空、16人(社)の出資者で新会社に。
エール・フランスとも提携。名前も変えて出直しなるか?


今後の予定として、アリタリア航空の取締役会の決議に
ついて触れています。

取締役会は、破綻を認め、更正手続きに入ることを決意したようです。

8月30日、毎日新聞。
《アリタリア航空:破綻、負債総額1760億円

http://mainichi.jp/select/biz/news/20080830dde007020072000c.html


《経営難に陥っていたイタリア最大の航空会社、アリタリア航空は事実上、
経営破綻(はたん)、29日の取締役会で会社更生手続きに入ることを決めた。》

その記事では、
《新会社は、イタリア航空大手のエアー・ワンとの経営統合が最有力視》と
書かれていますが、新会社の出資者の一人にエアー・ワンのオーナーの
カルロ・トトがいるので、おそらくその方向だと思います。

また経営コンサルタントが述べていた通り、
《社員の4割近い7000人の人員削減》が行われ、
不採算部門であった貨物航空などを切り離し、
残った債務は、残りの会社に負わせて、清算します。

新会社イタリア航空は、
《国内や欧州内の短距離路線》。
そしてエアー・ワンと合併を予定。

また長距離国際線は、以前にも書いた通り、
エールフランス連合との提携を望んでいて、
ある程度の感触をつかんでいるようですが、
まだ決定ではないようです。

いやー、アリタリア航空には知り合い、友達が何人も
いるだけに、彼ら、彼女たちの今後が心配です。

まあアリタリアの経営自体は、もうどうにもならない
状況にきていましたから、こうなるのは時間の問題だとは
思っていましたが…。

それにしても一応、ベルルスコーニは、
イタリア企業でアリタリアを救済するという公約は、
一応果たしたことになるのかな?

国際部門はエールフランス連合などに任せることになりますが…。

弊社社長も、貯まったマイレージを使っておいてほっとしていることでしょう。
アリタリアのマイレージを集めている人、
さらに提携していたポイントプログラムもあり、
この先、いろいろと動きが出そうです。

追記
〇エールフランスは、新生アリタリアに、出資を含む提携に前向きな意思。
〇ルフトハンザ航空とも提携、出資などについて交渉。
〇エアー・ワンとの提携のため、すでに独禁法の一部改正を閣議決定済み。
〇EUの欧州委員会は、国内線6割を占めるシェアにつき懸念。
〇9月1日に、イタリア政府は、人員削減案につき、労働組合と話し合い。

追記2
プレスリリース
http://corporate.alitalia.com/en/Images/pr_29_08_2008_eng_(2)_tcm7-29371.pdf


nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(2) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 3

nikitoki

イタリアのアリタリア航空が3度目の経営危機に陥っています。これで3度目。2008年に会社更生手続きを申請。不採算部門を切り離して、新会社として新たにスタートしました。しかし赤字が続き2014年にアラブ首長国連邦のエティハド航空から49%の出資を受け入れていました。しかし経営は改善せず赤字が続いていました。3月に最大で2000人のpersonnel cutを含む再建策を策定。労働組合の同意を条件に20億ユーロの増資を行ってもらう予定でしたが、労働者側は拒否。このため政府が選任する特別管財人が事業再建か清算かを判断する手続きの準備を始めることが明らかになりました。なお同社は当面の運航に変更はないと発表しています。
なおイタリア政府は、国有化など、公的支援には応じない方針をすでに表面しています。アリタリアは来月5月にも資金繰りに不安を抱えており、身売りもしくは清算の可能性が。現時点では、買い入れの申し込みは来ていないようです。
by nikitoki (2017-04-27 18:01) 

nikitoki

アリタリア航空は自主再建を断念し、イタリア政府に「特別管理」を要請することを決めたようです。今後、運航は当面、継続するものの、政府による特別管理者がアリタリアの経営状況を精査した上で、継続を支持するスポンサーを探すか、清算するかを決めます。現在のところ、アリタリア支援を申し出ている企業はなし。なお上のコメントにもありますが、イタリア政府も(再)国有化はしない方針を明らかにしています。今回、アリタリア航空が特別清算を申し出たのは経営に必要な資金が確保できないため、このままでは早晩、資金繰りに行き詰まるのが確実であるところから、政府は緊急融資は実施するものと見られています。
by nikitoki (2017-05-02 23:44) 

nikitoki

イタリア政府はアリタリアが特別管理に入ることを承認。6ヶ月間のつなぎ融資として6億ユーロの融資も決定。今後は政府指名の3人の特別管財人のもとで再建が図られる模様です。なおカレンダ経済大臣はラジオ番組で、アリタリアの売却手続きを15日以内に始めるとの見通しを発表しました。特別管財人が決めた再建計画をもとに、売却先を募集するようですが、果たして買い取る企業(航空会社)はあるんでしょうか?
by nikitoki (2017-05-04 21:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

トラックバックの受付は締め切りました