So-net無料ブログ作成

東京メトロ内に、アルミ風船を持ち込んではいけません。

4月24日、六本木の取引先へ。

都営大江戸線六本木駅を下車。
今、話題の檜町公園へ。

大勢の方が、例のベンチ前で記念撮影をしていました。

仕事を終え、日比谷線六本木駅へ。

そこで、ある掲示板に気付きました。

前にも見て、気付き、ブログに書いた
と思っていたのですが、どうも見あたりません。

もう一度書いておきます。

その掲示板には、
東京メトロ内にアルミ風船を持ち込んではいけない
と書かれていました。

ご存知でしたか?

「アルミ風船ってなんだ?」と思いの方。

遊園地、お祭りなんかで販売している風船は、
昔ながらのゴム風船ではなく、
アルミ蒸着のそれになっているんですね。
(東京ディズニーランドへは最近行っていないのですが、
ゴムからアルミになり、その後、ビニール素材で電気を
通さないタイプになっており、アルミ風船はもう販売していないかも…)

どこがいいのかと言うと、
ゴム風船は、細かい穴があいているので、
どうしても数日でしぼんでしまう。
ところがアルミ風船は、アルミを表面に蒸着させているので、
なかなかしぼまず、結構、長い間もつんです。(10日は余裕)

ところが、困ってしまうのは電車。

この風船が架線に引っかかってしまうと、
アルミで金属ですから、停電してしまう恐れがあるんですね。

2008年の3月には、東京メトロ丸ノ内線の
茗荷谷-大手町駅間で、停電が発生し、
全線が一時不通になりました。

これは後楽園―本郷三丁目駅間で、
電流が流れなくなったことが原因と
東京メトロから発表されています。

何故、電流が流れなくなったのか?

レール近くに、アルミ風船が落ちており、
アルミ風船がレールに接触して、電流がショートし、
停電にいたったと考えられているようです。

(丸の内線は、第3軌条といって2本のレールと別に
もう1本レールがあり、そこから電気を供給する方式をとっている)

また、今年の3月にもアルミ風船により、
東急田園都市線で、電車が不通になりました。

架線、パンダグラフにアルミ風船が触れると、
架線が切れたり、パンダグラフが故障したりする危険性が。
さらに上の例のように停電が発生したりも。

こうした事故は、他にも何度も発生しています。

という訳で、アルミ風船は、地下鉄内に持ち込んではいけないという訳です。

なおアルミ風船は、こうした被害を出す恐れがあるので、
簡単に飛ばないように、重りをつけたりしているのですが、
その重りが切れてしまうと、やっぱり飛んでしまうんですね。

またこうした架線に触れる危険を防止するため、
持ち運び用に、電気を通さないビニール袋で包んだり
している所も。

ゴールデンウィークに、遊園地などでアルミ風船を
子どもさんのために買われる方も多いかも。
帰りの電車、特に地下鉄では、むき出しのまま持たず、
袋にいれる、子どもに持たせないなどお気をつけ下さい。

《筑紫丘高校21回生のホームページ》内の、
《「ちょっと知識」のコーナー》に、
《ミッキマウスが電車を止めた》として、
《JR東日本で鉄道電気設備の保守・工事部門で仕事をし》
《現在は千歳電気工業(株)代表取締役社長》の原(洋)さんが、
《「直流電気鉄道における地絡保護方式について」》を書かれています。
http://www.geocities.jp/chikushigaoka21/index8f.html#densha

ディズニーランド(オリエンタルランド様)にも「アルミ製風船」の発売は
自粛していただくようお願いしており、現在はゴム風船しか発売して
いないはずです。もしアルミ風船を買った場合はアルミ風船を
手放さないようお子さん(お孫さん?)には気をつけてください。


(これが書かれた正確な日付がわからないが、平成10年にアルミ風船による
停電が京葉線で発生。それ以降、アルミ風船の販売を自粛しているものと思われる)


nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 3

nikitoki

2015年7月26日午後2時40分ごろ、みなとみらい線が新高島駅近くのトンネル内の架線で、アルミ風船が浮遊。架線支障のため運転見合わせ。10分後に運転再開。東横線もこの影響でダイヤ乱れ。午後8時45分ごろ、馬車道駅近くのトンネル内の架線付近で、やはりアルミ風船が浮遊。撤去作業のため、全線でおよそ1時間にわたり運転を見合わせた。このアルミ風船は、みなとみらい21地区の商業施設で開かれた車関連のイベントで配られたものだそう。
by nikitoki (2015-07-27 11:21) 

nikitoki

2016年12月11日、大阪市営地下鉄堺筋線でも、電車のパンタグラフにアルミ製風船が巻き付いて遅延が発生しました。2016年12月26日午前7時41分頃、東横線は横浜駅でのアルミ風船浮遊処理の影響で、上り線に遅れが発生したようです。そのせいか、このエントリーにアクセスが集中しています。
by nikitoki (2016-12-26 13:40) 

nikitoki

3月13日午前8時45分ごろ、都営地下鉄大江戸線の月島駅でアルミ風船がホーム上部や線路を浮遊しているのが確認され、この影響で同線は約50分間、全線運転を見合わせたとのこと。また昨日12日の午前、名古屋市営地下鉄の鶴舞線と桜通線で停電があり、一時、全線で運転が見合わされました。これは12日午前11時すぎに名古屋市瑞穂区の地下鉄、桜山駅のホームで、客が持っていたアルミ製の風船が離れて電車に送電する架線に接触したことが原因。この事故で停電が発生し、鶴舞線と桜通線で一時、運転が見合わさとなりました。12日午前11時20分には全ての運転が再開されたとのことですが、およそ3000人の利用客に影響が出ました。たかがアルミ風船ですがこんなにも大きな悪影響を及ぼすことも。取り扱いには要注意ですね。
by nikitoki (2017-03-13 14:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました