So-net無料ブログ作成
検索選択

福岡幼児3人死亡事故、控訴審で懲役20年。海外暮らしを余儀なくされた被害者。 [気になるニュース]

先日、福岡幼児3人死亡事故控訴審の判決が出ました。

被告は懲役20年を言い渡されました。

その判決を報じる新聞記事、ネット情報を様々読んで、
驚いたことが幾つかありました。

2009年5月15日、産経新聞。
【幼児3人死亡事故控訴審】顔見合わせ、うなずき合う両親
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/090515/trl0905151058003-n1.htm
この記事中に、

《2年9カ月近くが過ぎた今も、哲央さんは後遺症の頭痛に悩む。
かおりさんも、当時刺さったガラスや貝殻の破片が、
痛みとともに体から出てくるという。》

被害者が、精神も身体的にも傷ついているという事実。

さらに、
《事故後、海外で暮らさざるをえなくなった夫妻》。

お二人そして、新たに生まれたお子さん
(名前は報道によれば、愛子さんとか)と、
地元福岡で生活されているとばかり思っていたのに…。

なぜ海外で?

記事の「暮らさざるをなくなった」とあるように、
各種の報道によれば、地元やインターネットで、
被害者である二人に対し、様々な中傷があり、
それが余りにもひどく、場所を変えることを余儀なくされたとのこと。

2009年5月16日、西日本新聞。
《3児死亡事故 高裁判決 「飲酒運転撲滅へ力」 大上夫妻ら各地の遺族 抱き合い万感》
http://www.nishinippon.co.jp/wordbox/display/6536/

《いわれのない中傷にさらされたこともあった。
穏やかに生活する場所を奪われ、今は福岡の地を離れて暮らす。》

いわれのない中傷とは、
被害者(大上さん)側にも過失(居眠り、飲酒)があったのでは、
また事故後に生まれたお子さんの出産を公開し、報道させたことについて
のようです。

地元で暮らせなくなり、海外の地で生活するお二人。
体も精神も病んでいるお二人が、どのようにして生計を
立てられているのか、心配です。

補償をもらっても亡くなった3人が帰ってくる訳ではありませんが、
生き残り、あらたに授かったお子さんを育てるには、お金が必要です。

オールアバウト、2008年8月11日、
《飲酒運転でも保険は使える?》
http://allabout.co.jp/contents/aam_sp_c/carinsurance/CU20080811A/index/

《相手方に対する賠償については、対人・対物賠償保険ともに、
たとえ飲酒運転による事故であっても、基本的に補償を受けることができます。
もちろん被害者保護をその趣旨とする自賠責保険についても同様です。》

たとえ今回のように飲酒による事故でも、
補償は受けられたと思うのですが…。

福岡地裁の判決文。
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20080208100442.pdf

読売新聞、2009年5月16日。
《3児死亡飲酒追突事故 控訴審判決要旨》
http://kyushu.yomiuri.co.jp/news-spe/20080404-1867348/2009/20090516.htm

被害者の大上さんが居眠りというのは、弁護側の主張だったんですね。

《弁護側は、大上哲央さんがミラー等で車の接近に気付くことができたのに、
事故直前に光に気付いたと述べているのは不合理だと主張。
居眠り運転で後方の光に気付き、対向車と勘違いして急ブレーキをかけたとする。》

今林被告ですが、事故当初の報道や、
個人的に又聞きした(友人の肉親が福岡在住で、
裁判も傍聴している由)範囲では、
かなり評判のいい青年だったそう。
今回の事故での行動が信じられないとも。

弁護側は、控訴審の判決は感情的として、
上訴するようです。

最高裁はどんな判断を下すのでしょうか?

追記
2009年5月15日、毎日新聞。
《福岡・車転落3児死亡:高裁判決 両親訴え、司法に届いた 厳罰に万感の涙》
http://mainichi.jp/seibu/shakai/news/20090515ddg041040002000c.html

被害者代理人の弁護士の発言。
《「被告は夫婦に責任転嫁せず、民事上の賠償問題も速やかに解決し、誠意を示して」》

賠償はまだ行なわれていないようですね。

また《被告をよく知る男性》の発言によれば、被告は
《「漁師の仕事もしているようだが、ほとんど顔を見ない。》とのこと。

追記、2012年10月18日午前7時55分。 被害者の両親が受刑者を訴えていた民事訴訟で、 和解が成立しました。 受刑者らが謝罪、賠償する内容。 受刑者と父親が過失相殺なしで賠償金を支払う との内容ですが、金額は明らかにしていません。 (さらに同乗していた男性2人は見舞金を支払う) また和解条項には、受刑者らは遺族に謝罪し、 哀悼の意を表明することも含まれています。
nice!(1)  コメント(5)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 5

nikitoki

下記トラックバックでの新エントリーにも記しましたが、被害者のご夫婦は、事故後3人のお子さんに恵まれました。記者会見の模様を撮影した写真には、そのうち2人の女の子が写っていました。現在、被害者一家は、5歳の次女、2歳の三男、そして6ヶ月の三女とともに、奥さんの実家で生活されているそうです。
by nikitoki (2012-10-18 10:52) 

nikitoki

最高裁は 2011年10月31日、上告を棄却。被告の懲役20年の判決が確定。http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20111107101645.pdf
by nikitoki (2014-07-15 01:43) 

nikitoki

2014年7月13日、北海道小樽市銭函(ぜにばこ)の市道で、女性4人が車にひかれ、3人が後に死亡する事件が発生。小樽署は、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)と道交法違反(ひき逃げ、酒気帯び運転)の疑いで札幌市の30代の男を逮捕しました。男性は現場近くの海岸で12時間余りの間、アルコールを飲んでいたことがわかりました。携帯電話を操作しながら運転していたと供述しています。2006年8月に発生した福岡市の幼児3人が死亡事故が、飲酒による事故だったため、飲酒運転事故の厳罰化を求める声が強くなり、自動車運転過失致死傷罪が新設されました。
警察庁が発表した所によれば、飲酒事故は年々減少していますが、年末年始、さらにこの7月に事故が増加しているため、取り締りを強化するとのこと。福岡の事故をきっかけにして、翌年道交法が改正され、酒気帯び運転、ひき逃げなどの罰則が強化。酒酔い運転で死亡ひき逃げ事件を起こした場合の最も重い罰則が懲役15年に引き上げ。2014年5月、悪質な運転に対する罰則を強化する法律が新たに施行。「危険運転致死傷罪」も、幅広く適用できるようになった。さらに発覚を免れようとする行為をさせないため、「発覚免脱罪」が新設。逃げた場合には、従来のひき逃げの罪と合わせて刑の上限が懲役18年に。
by nikitoki (2014-07-15 01:56) 

nikitoki

事故から25日で10年になることから、2016年8月23日、朝日新聞に《福岡の飲酒運転3児死亡から10年 遺族へ謝罪ないまま》との記事が掲載されました。被害者の大工さんは、福岡県警記者クラブ加盟社からの質問に答える形で弁護士を通じてメッセージを寄せています。現在、大工さんは福岡県外で、妻かおりさんと事故後に生まれた子ども3人と暮らしているとのこと。加害者である今林受刑者は懲役20年の刑で現在服役中。記事の見出しにもあるように、事故後、謝罪は一度もないそうです。
http://www.asahi.com/articles/ASJ8R5VMQJ8RTIPE02D.html
他の記事にも出ていましたけれど、大工さん夫妻は、飲酒運転撲滅の活動をされていましたが中断中。刑事、民事訴訟確定後は、公の場所には姿を見せていないとのことです。
by nikitoki (2016-08-24 14:59) 

nikitoki

事故から2017年8月25日で11年ということで、このエントリーにアクセスが集まっています。
by nikitoki (2017-08-25 13:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました