So-net無料ブログ作成
検索選択

イタリアの至宝モニカ・ベルッチの「マレーナ」の裸は代役。ヴァレリア・マリーニの「バンボラ」を見よ。

10月10日、表参道の美容室へ。

確か、先日出たばかりの伊集院光氏の
のはなしに 」(アマゾン)
にも出ていた「すっぴんに見えるメイク」の話を、
担当の人から、改めて聞きました。

皆さん、ご存知ですか?

よく(でもないですけれど)テレビで、
あのタレント女優さんがすっぴんで…
なんて番組がありますね。

あれ、実は、

本当のすっぴんという訳ではないらしいんですね。

「メークしたように見えないメーク」というのを
施しているんだそう。なんていう矛盾。

それを見せて、さらに例えば、
テレビ局に来て、メークすると、
いつも見ているあのタレント、女優さんになる…と。

こうしたテクニックは、プロのメークさんでは当たり前なんですが、
今時は、素人の女性でも体得している方がいるんだそう。

化粧しているんだけど、それを感じさせない。
なんだか武道、茶道とかそういうものの奥義に通じる世界だなー
なんて感心していたら、映画、グラビアなどのヌードでも
「メーク」が施されているんだそう。

皆さん、こちらは、ご存知でした?

タトゥー、シミ、シワなどを隠すため、
全体の色調を整えるため、
身体全体にメークを施すんだそうです。

だからヌードはヌードでもすっぴんの身体ではない!
で、顔というか、首から上と、身体は、別の担当だそう。
(メークアップアーティスト、ボディメークアップアーティスト)

今や化粧品も出していらっしゃいますね。
ハリウッドで成功した日本人メイクアップアーティスト。
メイクアップハリウッド―日本人メイクアップ・アーティストが
見た素顔のアメリカ映画界 (文芸シリーズ)
》(アマゾン)

このカオリさんの本にも書いてあったなー。

さらには、危険なシーンの撮影には、スタントマンがいるように、
ヌード場面にもスタント(代役)がいるとも。

わかりやすい例で、担当さんが、教えてくれたのは、
イタリアの至宝といわれるモニカ・ベルッチの
世界的ヒット作品となった「マレーナ [DVD]」(アマゾン)。

あれはほとんどのヌードシーンは、代役なんだとか。

けれど「アレックス [DVD] 」(アマゾン)本人。

さらにストリッパー役を演じた、
ストリッパー パリ18区 [DVD]》(アマゾン)もそう。

美容室の担当の人(男性)は、職業柄、海外のファッション雑誌を
ずっと読んでいるらしいのですが、モニカ・ベルッチは、
1988年頃、イタリア版のエルに女子大生(ペルージャ大学)として
登場していた頃に発掘。

これは絶対に化けると思って期待していたら、
その予想通りになったと。
後に結婚、妊娠、出産。妊婦ヌードも発表したとか。

http://www.monicabellucci.it/

彼女は、すっぴんでも美しい女優さんである
と担当さんは断言していました。

「では、モニカの他に注目している、
すっぴんでも、顔も身体も美しい女優さんは誰?」と質問。

そう聞いたら、間髪を入れず、
「ヴァレリア・マリーニ。日本ではあんまり知られていませんが…。
もっと売れると思ったんですけど…。
イタリア人に会ったら、聞いてみて下さい」

(美容院の後、イタリア人女性に会ったのですがさすがに聞けず…)

「見るべき作品は、ずばり《バンボラ》です。
DVDがあったら是非、是非見て下さい。
買っても絶対、損はしません」

探しました。日本未公開作品ですね。
《バンボラ》(Bambolaは「人形」という意味)
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=83594

DVDもあるにはあるんですが…。
バンボラ [DVD]》(アマゾン)

ヴァレリア・マリーニの公式サイト(音が出ます)
http://www.valeriamarini.com/

いやー、今は、ファッションデザイナーになっているんですね。

オススメの「バンボラ」、見てみたいなー。


nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 1

nikitoki

2012年2月18日から、シネスイッチ銀座で、モニカ・ベルッチとロバート・デニーロが共演している「昼下がり、ローマの恋」が公開されます。http://hirusagari-roma.com/
by nikitoki (2012-02-18 00:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

モニカ・ベルッチ、日本公開中の映画「灼熱の肌」で、大胆に裸体をさらす。(トクダス 2012-08-01 20:41)

もう随分前になりますけれど、モニカ・ベルッチのエントリーを書きました。 そのエントリーへのアクセスは、そう多くはないものの、 ずっとある程度の水準を保っていました。 ところが、少し前から、アクセス数が、急に増えたので、 なぜだろうと思っていました。 その理由がわかりました。 モニカ…[続く]

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

関連リンク