So-net無料ブログ作成
検索選択

日本のスマートフォンの本命は、2010年秋冬にauから発売予定のおサイフケータイ入り製品。 [グッズ]

4月1日から、docomoからスマートフォン
「エクスペリア」が発売されるようです。

しかし、先日、ソフトバンクが4月下旬にアンドロイド携帯
「HTC Desire(ディザイア)」を出すと発表。
一気に、エクスぺリアが陳腐化しました。

昨日、発表されたauの二機種のスマートフォンは、

アンドロイド携帯の「IS01」と、
ウィンドウズモバイル6・5・3」の「IS02」。

「IS01」は、シャープ製。
6月下旬に発売予定ですが、すでに年内発売の次機種が
あることが発表されています。

それは、2台目としてのスマートフォンではなく、
1台目スマートフォン、すなわちそれ1台だけでOKのスマートフォン。

どういうことかというと、一般的なスマートフォンの機能に、
現在、ガラパゴスと言われている日本の従来携帯の
様々な機能が備えられているもの。

具体的には、携帯各社独自のメール、
ワンセグ、おサイフケータイなど。

6月発売のIS01は、ガラパゴス携帯独自の機能中、
ワンセグ、赤外線通信などの機能を搭載。

8月下旬頃には、アップデートすれば、
EZwebメール、デコレーションメールも使用可になるようです。
但しおサイフケータイはなし。

年内発売の次期新機種は、「FeliCa」機能もつけられ、
従来のガラパゴス携帯愛用者にもアピールするものとなるようです。

なお、ソフトバンクは、iPhone(アイフォーン)」と
アンドロイド搭載端末「HTC Desire(ディザイア)」の両面作戦。

おそらくiPhoneは、6月末から7月には(場合によってはもっと早い?)、
時期iPhoneが発売されそう。

しかしこれまでの流れ、アップルの方針からして、
ローカル機能である「おサイフケータイ」には、対応しそうになく、
となれば、auの次期新機種はかなりインパクトはありそうです。

2010年12月には、docomoが次期規格のLTEサービスを開始予定。
その時にどんな端末が発表、発売されるかも興味ありますね。

そんなことを考えていたら、いつまでたっても携帯が買えないのですけれど。

現在、自分は、個人用としてはソフトバンクの携帯を使用。
データ通信はdocomoを。(また会社の携帯はdocomo)

出来れば、個人用はiPhoneにしたいと思っているのですが、
一番のネックは、おサイフケータイがついていないこと。
これで、モバイルSuica、モバイルEdyやらなにやらを毎日のように
活用していますから、これがついていないと…。

またiPhoneの弱点は、ソフトバンクが事業者であること。
東京でも通じないことが多く、地方でも圏外が多いネットワークを
どうにかしてもらわないと、なかなか仕事で使う気にはなれません。

この点、ウィルコムの基地局を使い、2010年度にソフトバンクの基地局を
増やすために集中投資を行うと発表されましたが、
これでどこまで通信、通話できる範囲が広がるのか、未知数。

やっぱり二台持ちが、現在の一番の解決策なのかなー。

悩ましいところです。


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(3) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 1

かわせみ

IS01型なんですかねぇ? ちょっとでかいなぁ…
by かわせみ (2010-07-30 22:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3

トラックバックの受付は締め切りました