So-net無料ブログ作成
検索選択

金塊をソーセージ形に加工し、日本に密輸出した韓国人一味が逮捕される。 [気になるニュース]

以前、金を韓国から金を持ち出して、
日本に持ち込んだ密輸について、記事を書きました。

なぜ、韓国から日本に金を持ち込むのか、
手口と動機について記しました。

同様な事件が、仁川空港で発生し、
密輸しようとした一味8人を
逮捕したようです。

今回の犯罪の特徴は、普通、直方体の金塊を、
ソーセージ形に特殊加工していること。
なんと、そのソーセージ形金塊を、肛門の中に入れて、
密輸出しようとしていたのですね。
8人で、市価3億ウォン相当の金塊6.25キロだったとか。

もともと、一味は、海外金相場、為替レート上昇などにともなう
相場差益を狙って金を、日本に正式に輸出していたよう。
(13%の税が還付される)
ところが、5%の税金を惜しみ、密輸出に走ったとのこと。
(日本の消費税5%分)

運搬人を募集し、これまで、60回余りで、1700キロを密輸出していたそう。

密輸出の方法も当初は、韓国からは正式に持ち出し、
日本に入れる時に、腹帯に10キロずつ入れる手口だったのですが、
日本の税関で摘発されたため、身体の中に入れる方法となったようです。

この運搬者への報酬は50万ウォン(33600円ほど)。
もちろん往復の飛行機代はタダですが、
リスクに比べると、安くないですかね。
雇った側は、18%もの利益を手にするのですから。

しかし、金価格、そして韓国の場合はウォンの
為替相場も乱高下しており、さらには金塊の加工費もかかり、
運搬人への報酬、摘発のリスクもあり、
決して濡れ手で粟とばかりも言えないのですが、
それでもやる奴はやるんだなー。

関連エントリー
悪知恵の働く奴はいるもんだ。韓国からの金密輸団が摘発される。金地金価格の18%ものボロ儲け。合法的に儲ける方法教えます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました