So-net無料ブログ作成

固定電話から携帯電話への通話。安くなる設定をしたはずが……。0036、0033。 [節約]

皆さま。
固定電話から携帯電話へ電話をかける時に、
携帯電話番号の前に、0033、または0036をつけてから、
通話すると、通常の半額になるということは、
よくご存じだと思います。

NTT東日本(0036)、
NTTコミュニケーションズ(0033)ですね。

申込みもいらず、たんに携帯電話番号の前に上の番号を押せばいいだけなので、
簡単なはずなのですが、実際には、わずか4つの番号とは言え、
毎回は面倒。

そこで、家(と会社・事務所)の電話では、
携帯電話に電話するときに、この0036、0033を
自動的に付け加えてくれる機能があるので、
このサービスが始まってすぐに、登録しました。

以来、何もつけず直接かける時の半額で、
電話していたはずなのですが、
先日、明細をチェックしたところ、どうも通話料が高い。

そこで、電話機を調べたところ、なんと設定したはずの、
付加番号がつけられていなかったことがわかりました。

電話を移動するときに、電源を外していたのですが、
その時間が長く、設定がリセットされ、付加番号が
なくなってしまったようです。

ショック。

毎年、3月4月には、固定電話に限らず、携帯電話などの内訳をチェックし、
契約も場合によっては変更するようにしているのですが、
今回はその見直しが役立ったようです。

こちらはシャープの【携帯とくとくダイヤル機能】ですが、
http://www.sharp.co.jp/support/fax/station/doc/uxf25_mn-3.pdf
他のメーカーの機種にも同様の機能があります。

皆さまも、年度末年度初め、固定電話、携帯電話などの
内訳をチェックしてみてはいかがでしょうか?

○固定電話→携帯電話 0033、0036をプラスすると通話料が半額に。
○電話機の中には、自動的に上の番号を付け加えてくれる機能がある。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:特典・懸賞

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました