So-net無料ブログ作成
検索選択

JR東日本が訪日外国人のために無料公衆無線LANサービスを10月1日から開始。 [気になるニュース]

今や、公衆無線LANは、欠かせないインフラの一つとなっていますね。
様々な会社がサービスを提供しています。

JR東日本が、訪日外国人のために、
無料の公衆無線LANサービスを2012年10月1日から始めます。

訪日外国人のためということですが、
日本人でも誰でもが、メールアドレスを登録すれば、利用可能です。

《【サービス開始日】
2012年10月1日(月)
【サービスをご利用いただける場所】
多くの訪日外国人のお客さまがご利用になる場所を選定しました。
○ 「JR EAST Travel Service Center」
東京駅(10月1日オープン)、成田空港駅、空港第2ビル駅、
羽田空港国際線ビル駅(東京モノレール)
○ 駅(13駅)
東京駅、浜松町駅、田町駅、渋谷駅、原宿駅、代々木駅、
新宿駅、池袋駅、上野駅、御徒町駅、秋葉原駅、神田駅、舞浜駅》

SSID は「JR-EAST_FREE_Wi-Fi」
○1日に何回でも利用可能。(1回の接続時間は3時間)
○大規模災害時には、インターネットを開放し、
 登録なしでどなたでもインターネットが利用可能。
○登録は、英語、中国語、ハングル日本語の4言語対応。

《訪日外国人のお客さまに向けて、無料公衆無線 LAN サービスを開始します!》
pdf" target="_blank">http://www.jreast.co.jp/press/2012/20120901.pdf

首都圏では、東急電鉄も公衆無線LANの整備を発表。
《東急線の全線・全駅で公衆無線LAN(Wi-Fi)サービスを整備します
~日本の鉄道会社として初めて、自社で通信設備を保有し、全駅にて
主要携帯電話事業者3社を含むWi-Fiサービスを提供します~》
http://www.tokyu.co.jp/contents_index/guide/news/120830.html




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました