So-net無料ブログ作成

北海道の温泉施設。顔に伝統の入れ墨を入れたマオリ族の女性の入浴を断る。 [気になるニュース]

秋から冬にかけて、都内の天然温泉の
スーパー銭湯によく行きます。

そこで目立つのが、入れ墨の方、入浴お断りの文字。
どこまでチェックしているのか不明ですが、
おしゃれで入れた小さなイルカ、ハートなどのタトゥでも
入浴を拒否されることがあるよう。

以前、作家のよしもとばななさんも、入れ墨で、
入浴を断られたとして、話題になりました。

北海道恵庭市にある温泉施設が、
顔に入れ墨があるマオリ人女性エラナ・ブレワートン(60歳)さんの入浴を断り、問題となっています。

ニュージーランドの先住民マオリ族。
男性も女性も伝統的に唇、あごなどに、
入れ墨を入れる事で知られています。・

このマオリ女性は、北海道平取町で開かれていた
先住民族の言語を学ぶ会合に招待された
マオリ語の講師だったようです。
(アイヌ語復興を目指す講習会)

従業員が入浴を拒否。
女性と一緒にいた関係者が抗議したものの、
温泉施設側は「利用者に安心して入浴していただくため、
入れ墨の入っている方は一様に断っている」と伝え、
受け入れを拒否したとのこと。

読売新聞の取材に、
温泉施設は「伝統文化であっても、
一般の方からすれば入れ墨の背景は判断できない」
と拒否理由を答えています。

読売新聞の記事には、女性に同行した
アイヌ語講師の男性の、
「他国の文化が理解されないのは残念だ」とのコメントも掲載しています。

その男性がアイヌの方がどうかはわかりませんが、
確かアイヌの方も、入れ墨を入れる伝統があります。

おそらくこの温泉施設は、アイヌの伝統的な入れ墨も
拒否ということなんでしょうね。

ヨーロッパでは入れ墨にはかなり寛容なのですが、
一方で、イスラム教徒の女性が身につけるブルカ、
(目も網目状の布で覆われるヴェール)、
ニカブ(目以外の顔と髪をすっぽりと覆うもの)などが、
法律、条例により禁止され、大きな民族、宗教問題となっています。

《タ・モコ – 伝統芸術としてのタトゥー》
http://www.newzealand.com/jp/feature/maori-arts/

《ポリネシアンマオリ》の刺青について
http://www.apocaript.com/about/maori.html

○マオリ族の刺青は、ライフヒストリー、所属、身分などを示す、
 重要なサインであり、尊厳の象徴。
 (女性のあごの刺青は既婚のあかし)

多様な文化を受け入れるということは大切ですが、
客商売では、他のお客様のことも考えないといけない。
その人達に、そうした刺青の文化的背景を説明するのは、
かなり難しいものと思われます。

あなたは、どう思われますか?

関連エントリー
日帰り温泉で刺青お断り。漢字のタトゥ。ばななとイタリア人。
入れ墨をした人は、ディズニーランドに入れるのか? キャストの入れ墨は?
公務員が入れ墨を入れるのは、何かが狂っているのか? 大阪市橋下市長が、入れ墨禁止を指示。
アンジェリーナ・ジョリーの入れ墨。今年のミス・イタリアは入れ墨入り女性。
イタリアでもイスラム教徒の女性がつけるブルカ、ニカブ禁止法案が成立。


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(2) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 4

nikitoki

ドイツのライプチヒの連邦行政裁判所は、イスラム教徒の女子生徒が主張していた水泳の授業拒否を認めない判決を下しました。女子生徒は、プールで上半身裸の男子生徒を見ることは宗教上許されておらず、授業を受けない権利があると主張していました。裁判所は、夏には、学校の外でも上半身裸の男性が出現するという「社会の現実」があり、それを学校が抑制することはできないと指摘。さらに女子生徒が全身を覆う「ブルキニ」を着れば、宗教的上の戒律を守ることができると判断したものです。ドイツでは、同様な判決が、2012年9月にもカッセルの行政裁判所で出ているとのこと。
by nikitoki (2013-09-12 18:00) 

nikitoki

ブルキニは、イスラム女性が身につけるブルカとビキニを基にした造語。
by nikitoki (2013-09-13 08:56) 

nikitoki

マオリ人の女性は、別の温泉施設で入浴できたとのこと。あごの入れ墨は、女性の母親、先祖を示す模様とのこと。
by nikitoki (2013-09-13 14:19) 

nikitoki

菅義偉官房長官は、2013年9月13日、記者会見で「施設の判断で断ったのだと思うが、2020年の東京五輪開催にあたり、さまざまな国の方がわが国に来てくれることが予測される」「外国のさまざまな文化に対して敬意を払い理解を進めていくことが大事だ。外国人を迎えるため、しっかりと対応策を考える必要がある」とコメントしたようです。
by nikitoki (2013-09-13 14:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

トラックバックの受付は締め切りました