So-net無料ブログ作成

南海トラフ巨大地震で瀬戸内海側にも津波。愛媛県で死者最多との西条市で聞いた被害想定に驚く。 [気になるニュース]

愛媛県西条市にある弟の家に行ってきました。

弟から聞いて驚いたことの一つが、
南海トラフ巨大地震での被害想定です。

愛媛県西条市は瀬戸内海に面した場所にある町。
高知県の裏側、瀬戸内海でも真ん中辺りに位置しています。

なので、津波は来ないもの
と思い込んでいたのですけれど、太平洋を襲った津波が、
西の豊後水道、東の紀伊水道から、
ぐるりと回り込んで、やってくるのですね。

最悪の被害想定では、西条市では、
海岸線から2㎞ほど離れている
予讃線の通っている上あたりまで、
浸水するのだとか。

弟の家の近くにある、国道196号線から少し上に位置する
ある銀行の支店に行ったのですけれど、
店内にその被害想定の地図がはられてありました。

その銀行は浸水地域にすっぽりと入っていました。
(海抜2.1メートル)

《愛媛県地震被害想定調査》
http://www.pref.ehime.jp/bosai/higaisoutei/documents/12gaiyoban.pdf

〇西条市:死者が県内最多の3648人。

動画、中に被害想定地図が。
《南海トラフ地震被害想定で西条市が説明会・愛媛新聞》
https://www.youtube.com/watch?v=Wo96Rbma6t8

2014年3月27日。
《「南海トラフ巨大地震~地震から命を守る~」(愛媛県南海トラフ巨大地震体験版DVD)の作成について》
http://www.pref.ehime.jp/bosai/bosaitaisaku/nankaitorahudvd.html

《愛媛県地震被害想定調査結果(第一次報告)について》
市町村別アニメーションなかに西条市あり。
http://www.pref.ehime.jp/bosai/higaisoutei/higaisoutei24.html

〇愛媛県、被害想定。
 死者は最悪16032人。
 これまでの国の想定の約1・3倍。
 津波被害による死者数8184人。建物倒壊6210人。火災1585人。 
 市町別では、西条市3648人。宇和島市2568人、新居浜市1841人、
 愛南町1265人など。

 経済被害は県内総生産の3倍超の推計およそ16兆1500億円。
 建物被害11兆1300億円。ライフライン被害9100億円、
 交通施設被害5800億円。

〇浸水は外洋からの津波のみならず、
  地震により堤防が破壊されることにもよる。

上記の想定の地図や動画を見ると、
抽象的だった地震、津波被害が
具体的なもの、身近なものとして感じられました。

現在、東京に住んでいますが、
この愛媛県や高知県など、
南海トラフ巨大地震の想定は、人ごとではありません。

東海地震、首都圏直下型地震など、
大打撃を受けるであろう地震の発生確率は
かなり高いものとなっています。

自分が住んでいるところが地震が発生したときに、
どのような被害を受ける可能性があるのか、
それだけでも確認し、備えておこうと改めて決意しました。



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 2

nikitoki

愛知県は、南海トラフ巨大地震が発生した場合の県内の被害想定を、国とは別に独自で試算。5月30日に公表。最悪の想定の場合、犠牲者は、国想定より6000人多い29000人。対策を立て、減災することが狙い。
by nikitoki (2014-05-31 12:28) 

nikitoki

地震調査委員会は、毎年1月1日を基準に全国の地震の発生確率を公表しています。南海トラフ地震に関しては最大でマグニチュード9クラスが予想されていて、今後30年以内に発生する確率は去年が「70%程度」としていましたが、今回「70%から最大80%」に引き上げられました。


by nikitoki (2018-02-10 18:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました