So-net無料ブログ作成
検索選択

アジア大会の日本選手団の支援拠点サポートハウス開設。超低温サウナ「クライオサウナ」に炭酸泉。 [気になるニュース]

2014年9月12日、ニュースを眺めていたら、
「アジア大会:日本選手団の支援拠点、サポートハウス開設」
との記事が、毎日新聞に出ていました。

2014年9月19日から韓国の仁川で開かれるアジア大会。

それに参加する日本選手団のサポートのため、


仁川市内のホテル内に
「マルチサポート・ハウス」を設置しオープン
報道陣に公開したとの内容です。

こうした施設の開設は、2010年年広州アジア大会、
2012年ロンドン五輪、2014年ソチ五輪に続き4度目。

これまでも大きな成果をあげたところから、
今回も選手の活躍の原動力の一つとなってくれる
ことでしょう。

その記事の中で、目がとまったのが、
医科学サポートのフロア
「クライオサウナ」。

今回が初めての設置です。

さらに言えば、
高気圧カプセル、炭酸泉プール。

下の二つは、これまでも備え付けられ、
疲労回復に効果ありとして選手の間でも
評判がよかった設備です。

今や日本のスポーツクラブ、街中のサロンなどでも
設備があるので、利用されたことがある方も多いのでは?

個人的には、いま、炭酸泉に凝っていて、
近くの銭湯や日帰り温泉などに通い、
その効果を体感しているところです。

さて、「クライオサウナ」です。

なぜ目がとまったかと言うと、以前から知ってはいたのですけれど、
つい先日、知合いの方から、これの体験談を聞かされていたから。

スポーツ、疲労回復という視点ではなく、
美容とアンチエージングからの話でしたが……。

クライオサウナは、液体窒素を利用した超低温サウナ。
氷点下170~130度の超低温ガスを使って、短時間ですが、
全身を急激に冷やし、刺激を与え、血流を促し、
早期の疲労回復を図るというものです。

海外では、このクライオサウナは、
クライオセラピーの一つとして、
関節症、捻挫などの治療で冷却療法として、
また美容分野でも注目されて活用されています。

その原理ですが、
超低温のガスを体に数分間あてることで、
抗炎症作用を高め、その結果として
免疫力、新陳代謝が高まると考えられています。

上記の治療のみならず、痩身、美肌などの効果がある
ということで、アメリカではハリウッドの俳優、
エグゼクティブも使っているとのこと。

血行をよくするという効果があるということで、
発毛治療に使っている所もあります。

日本・六本木
カヴァロクリニック
http://cavalo-clinic.com/dr.html

スポットで冷気をあてるクライオスポットは、
各地のエステサロンで、使われているようですが、
クライオサウナはまだまだ数少ないようです。

ということで値段もかなりのもの。

普及して値段が手ごろになれば、
ぜひ、体験してみたいのですが……。

追記2017年7月8日
阿部慎之助選手が通っているのは
おそらくこちら。
(HPに《お客様の大多数が以下の有名チームや
機関に所属している選手です。
東京ヤクルトスワローズ、K-1、読売ジャイアンツ、
オリックス・バファローズ、横浜DeNAベイスターズ、
阪神タイガースやその他多くのチーム。》との記載あり)

《施術1回10,800円(税込)》
(複数回一括購入による割引あり)

《クライオメッドジャパンによるクライオサウナ》
http://cryosauna.jp/



nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 1

nikitoki

2017年7月8日、日刊スポーツに、巨人軍の阿部慎之助選手がクライオサウナを活用しているとの記事が掲載されていました。
《巨人阿部マイナスから超回復 超氷点下サウナ効果だ
[2017年7月8日7時48分 紙面から]》
https://www.nikkansports.com/baseball/news/1851851.html
by nikitoki (2017-07-08 12:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。