So-net無料ブログ作成

ドラマ「未解決の女」最終回に出てきた「精励恪勤」。そして「汚名挽回」は間違いか。

テレビ朝日系のドラマ「未解決の女」が、
http://www.tv-asahi.co.jp/mikaiketsu/
2018年6月7日、最終回を放送しました。
http://www.tv-asahi.co.jp/mikaiketsu/story/0008/

このドラマは、架空の組織である
《未解決事件の文書捜査をする
「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)》
が舞台。

主演は波瑠と鈴木京香。

主演の波瑠が演じるのは、
体力と柔術(じゅうじゅつ)が得意な
肉体派の熱血刑事。
一方、もう一人の主役である鈴木京香は、
文字フェチの頭脳派刑事。

《 わずかな文章から書き手の性格や思考を
言い当てる“文書解読のエキスパート”》。

という訳で、



事件解決の中で、文章、文字にまつわる
謎、要素が出てきます。

その設定が面白かったので、
録画して見ていました。

最終回では、言葉、文字にまつわる要素が
余りなかった気がしたのですが、
筆跡に関する事例がいくつか出てきました。

その一つが、あるコーヒーチェーンの社長が
自分の信念を手書きで記した色紙。

そこに書かれていたのは、
「精励恪勤」と社長の名前。

この色紙と、ある人物が出した葉書の
筆跡の違いから、事件(犯人)が
解明されていきます。

その物語の進行とは別に、
上の色紙の四字熟語。

あなたはご存じでしょうか。

「精励恪勤」は「せいれいかっきん」と読み、
学業、任務、仕事などを一所懸命に勤め、
励むという意味です。

「精励」と「恪勤」はどちらも
つとめはげむ、つつしみ勤めると
同じような意味です。
(同じ意味の熟語を重ねて、意味を強調)

「恪勤」は「かくご」「かくごん」とも読み、
「恪勤者」(かっきんしゃ、かくごんしゃ)は、
平安、鎌倉時代に、貴族、幕府に仕えた下級の
武士で、宿直(とのい)などの役目をつとめました。

自分がこの四字熟語に反応したのは、
小・中・高と習字を習っていたから。

最初は、ひらがな、カタカナから始まり、
続いて漢字の練習を行い、昇級試験を受け、
合格し上達していくと、漢詩文の一節や
四字熟語などを書いていきます。

その課題の一つが、この「精励恪勤」でした。
確か小学校の高学年だったと思うのですけれど、
4つの漢字のうち「恪」は、まだ習っていなくて、
先生に読み・意味を尋ねた記憶があります。

恪 カク つつし(む)
http://kanji.jitenon.jp/kanjih/3558.html

この字は常用漢字ではないので、
小中そして高校では習わないようです。

それ以来、企業や個人のお宅に、色々出かけ、
人生訓などを書いた色紙を数多く
見てきたのですが、この四字を書いて
いるのは見たことがありません。

物語では、筆跡の方に重点が置かれていたのですが、
この「精励恪勤」を座右の銘とした社長の精神状態、
過去などをプロファイリングしてみたくなりました。

もう一つ、気になったことが。

それは、物語の最後に肉体派刑事を演じる波瑠が
「汚名挽回しなきゃ」とよくある「間違い」の
セリフを言います。

文字フェチの頭脳派刑事を演じる鈴木京香が、
即座に「挽回するのは汚名ではなくて名誉でしょ」
と訂正していました。

あなたは上のやりとり、気になりませんか。

一般には、「汚名返上」「名誉挽回」なんですが、
「汚名挽回」も間違いでないとされています。

例えば、明鏡国語辞典では、
《ばん‐かい【▼挽回】》の説明中、
《②もとのよい状態を取り戻すために、巻き返しをはかること。》
として《「退勢[汚名]を─する」》と
記しています。

三省堂国語辞典第7版でも、
《誤用と決めつけられないことを記してい》るとのこと。

上記辞典の編集者の一人である
飯間浩明さんのTwitter
https://twitter.com/iima_hiroaki/status/461845102835429376

このドラマの脚本を手がけられたのは、
大森美香さんですが、汚名挽回に関する
新たな説(記述)は取り入れていないようですね。

なお三省堂国語辞典第7版では、従来誤用とされていた
「的を得る」の記述を謝罪した上で撤回し、
正しい使い方であるとしています。

https://twitter.com/iima_hiroaki/status/412139873101807616

言葉、文字、文章から、人の性格、
心理、思考を読み解き、事件を解決していく
このドラマ。

ネタはまだまだありそうですので、
是非、続編を期待したいですね。

〇このドラマには、原作があったんですね。
 小説「警視庁文書捜査官」の作者は麻見和史さん。
 原作の中には、「汚名挽回」とあるんでしょうか。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。