So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ドイツのネコ城の主は日本人。皆さまもお城、お一ついかが? [旅行]

歌舞伎役者の坂東三津五郎さんの趣味は、
日本のお城巡り。
各地のお城を訪れていて、知識の豊富さに驚いたことがあります。
(公式ホームページの《三津五郎プロフィール》の趣味に
《日本の城》とあります)

団塊の世代やそれ以上の方々に、
日本やヨーロッパのお城巡りが流行しているようですね。

3月13日、朝日新聞夕刊「プロふぇっしょなるず」は、
《ドイツ古城の主になる 廃墟買い取りホテル開業》との記事。

ドイツ・ローレライの岩の近くの「ブルクカッツ(ネコ城)」を買い取った
小杉恵(さとし)さんの紹介です。

今から18年前に、購入したそう。
(《補修には購入額の3倍の約10億円、家具に約2億円を費やした。》
との記事の記述から計算すれば、およそ3億円余り。)

この辺り一帯は05年に世界遺産登録が正式に決まったそう。
現在は、ホテルとして運営しているとのこと。

《1泊朝食付きの室料は250ユーロ(約3万9千円)から4千ユーロ
(約62万円)。正面ゲートを常時閉めていて、最寄りの駅または空港まで
迎えにいく必要があるため、知人か、紹介された客しか泊められないのが
実情だ。》

なんだか残念ですね。
でも補修や、維持にかなりなお金がかかる上に、
世界遺産になったことで、制約が大きいようですね。

このネコ城があるのは、ドイツのザンクトゴアルスハウゼン。
(以前は、個人所有だった犬山城のある愛知県犬山市と姉妹都市。
現在、犬山城は、「財団法人犬山城白帝文庫」所有。国宝)

ライン川をはさんで対岸は、ザンクト・ゴアール。
そこには、ラインフェルス城があります。
(昔は、ライン川を通る船から税金をとっていた。
二つともそのための城でもあった)

ラインフェルス城》(公式サイト、英語)は、現在、古城ホテルとして
稼動しており、世界中から観光客が訪れています。

さらに、ライン川を下った先のヴェルミッヒ Wellmichには、
ネズミ城 (Burg Maus)が。
もともとは、大司教が建てたトゥルンブルク城という名。
しかし後にネコ城のカッツ伯爵が所有者となったために、
こう呼ばれるようになったとのこと。

フランスや、イタリアでも古城巡りが人気です。

フランスだとロワール地方が有名ですね。

イタリアでは、トスカーナ州でツアーが盛んに行われています。
最近、力を入れているのが、アドリア海に面したマルケ州。

イタリア・マルケ州政府観光局のホームページ内には、
マルケ州の古城めぐり》というサイトがあります。

ネコ城の前オーナーは、維持費の高さに耐え切れず、
売却したようですが、各地の城の持ち主たちも、
なんとか毎年の維持費だけでもと様々な事業を行っています。

去年、トム・クルーズが結婚式をあげたのは、ローマ郊外のお城。
(友達が住んでいる湖の近くのお城です)
これについては、以下のようなエントリーを以前書きました。
トム・クルーズと同じお城で結婚式をあげるには? 》

そこも、披露宴や誕生日パーティー、ファッションショーなどの会場として、
貸し出すことで、収益を得ています。
こうした場所貸しは、かなり多いですね。

そのほか私設の博物館にしたり、ネコ城のようにホテルにしたり、
観光の見学コースに組み込んだりなどなど、
とにかく城を維持するのは大変なようです。

正直、手放したがっている貴族も多いそう。

お金持ちの皆さま。ご紹介いたしますよ。
お一ついかがでしょうか?

ユーキャンが、DVD、ビデオを出しています。
ヨーロッパ 古城と宮殿の旅》(サンプル動画あり)

ライン下りと古城街道の古城ホテルを紹介。
古城ホテルに泊まるドイツ―歴史と世界遺産探訪 (新書)
故・城達也さんの名ナレーションと、素晴らしい音楽で、
ラインの古城をゆったりと映像で楽しみましょう。旅の予習に最適。
JALジェットストリーム(4) ヨーロッパ(2)~ラインの古城は愛の墓碑のよう~
こちらもお薦め。
ドイツ紀行(2)ドイツ古城ホテルと田舎巡りの旅》
オールアバウトの2002年12月とちょっと古い記事ですが、
フランスのシャトーについて。フランスもやっぱり苦労しているみたいですね。
フランスには星の数ほどある豪華なシャトウ、
でも… お城の主も楽じゃない

「ぺんた」さんという方が発行されているメルマガで、
ネコ城の詳細な歴史が解説されています。(2002年)
ドイツの古城    ~歴史の旅 【第2号  猫城】

ライン川の流域は、秀逸なワインが生産されます。
ジンメルン男爵家が所有し、現在、醸造所の一部となっている
ハッテンハイマー城は、12世紀に建てられた歴史あるお城。

そのお城のもつ葡萄畑で作られたワインは、エチケットに、
ジンメルン男爵家の紋章があしらわれ、伝統を感じさせますが、
醸造法も歴史を守ったものです。古城巡りのビデオを見ながら、
古城のぶどう畑の葡萄で作られたワインをいただくのは、
贅沢なことかもしれません。
ラインガウで15世紀から続く名門醸造所[1997] 
エルバッハー マルコブルン シュペートレーゼ


nice!(2)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 2

コメント 5

nikitoki

NHKの2016年7月28日放送の《所さん!大変ですよ「日本中が騒然!?“超格安不動産”スペシャル」》で、瀬戸内海やドイツの驚くほど安い価格の不動産物件(別荘、古城)が紹介されたせいか、このエントリーにアクセスが集中しているようです。
http://www4.nhk.or.jp/taihentokoro/x/2016-07-28/21/19709/2762008/
by nikitoki (2016-07-28 22:05) 

nikitoki

8月19日午後5時5分から、上記の番組の再放送があったようで、再び、この記事にアクセスが集中しています。
http://www4.nhk.or.jp/taihentokoro/2/
by nikitoki (2016-08-19 20:36) 

nikitoki

またまた上記番組の再放送が、2016年9月1日(木) 午前1:40~午前2:25にあったようで、この記事にアクセスが集中しています。
https://hh.pid.nhk.or.jp/pidh07/ProgramIntro/Show.do?pkey=001-20160831-21-07441
by nikitoki (2016-09-01 10:45) 

nikitoki

2018年1月2日、TBS系で「世界もしものお買い物【お城!ゼロ戦!?幻のチーズ★買った人の顔を見てみたい!】」
http://www.tbs.co.jp/tv/20180102_75AE.html
http://www.tbs.co.jp/program/mbs_sekaimoshimonookaimono_20180102.html
《ドイツで本物の△△を買って人生が劇変!! 》ということで、
ドイツのネコ城、小杉さんが紹介されたようです。そのためか、この記事にアクセスが集中しています。
by nikitoki (2018-01-02 19:48) 

nikitoki

上記番組は、毎日放送制作でした。
by nikitoki (2018-01-02 19:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました