So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

一衣帯水とは? 菅総理が所信表明演説で発言。 [気になるニュース]

菅総理が所信表明演説の中で、また
ぶら下がり取材の中で
「一衣帯水」とおっしゃったようです。

2010年10月1日、産経新聞。
【菅首相所信表明全文】(6)外交安全保障
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101001/plc1010011613024-n2.htm

日中両国は、一衣帯水(いちいたいすい)のお互いに重要な隣国であり

【菅ぶらさがり】日中関係で「一衣帯水の関係は重要。双方が努力を」(1日夜)
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101001/plc1010011922030-n1.htm

《一衣帯水(いちいたいすい)のですね、両国関係の重要性ということ、
あるいは両国が双方とも努力しなければいけないこと、そういうことを含めて申し上げました。》

皆さん、学校で習いましたね、この「一衣帯水」。

「一衣帯水」

明鏡国語辞典
《一筋の帯のように狭くて長い川・海峡。また、それを隔てて近接していること。
「日中両国は─の間にある」◇「一衣帯」は一本の帯の意。》

おお、明鏡は、まさに日本と中国のことを例としてあげていますね。

広辞苑第六版
《[陳書(後主紀)]一筋の帯のような狭い川・海。その狭い川や海峡をへだてて
近接していることをいう。「―の地」》

広辞苑は、出典をあげています。

陳書(後主紀)。

いち-いたい-すい【一衣帯水】
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/idiom/%E4%B8%80%E8%A1%A3%E5%B8%AF%E6%B0%B4/m0u/%E3%81%84/

《『南史なんし』陳後主紀ちんこうしゅき

Web漢文体系
《一衣帯水》
http://kanbun.info/koji/ichii.html

実際の出典。

《我為百姓父母、豈可限一衣帯水、不拯之乎》

《我は百姓の父母たり、豈(あ)に一の衣帯の水を限り、
之を拯(すく)はざるべけんや。》

私は、民衆の親の立場にあるのに、どうしてあんな1本の細い帯のような
川で隔てられているからといって、民を救わないでいられるだろうか。

これは、中国の南北朝時代の北朝の隋の皇帝文帝が、
南朝・陳を討つさいに言ったとされる言葉です。

南朝、陳の第5代皇帝である後主は、
揚子江という天然の要塞(天険)をいいことに、
贅沢三昧で、酒色におぼれる一方で、
民衆は苦しんでいました

そうした民をほおってはおけないと、
文帝が両国は細い帯のように近い関係であるから
と南征を決意したのです。

もとより揚子江は大河。
狭い川ではありません。

それを「一衣帯水」ということで、
攻めるぞという強い決意を示し、部下を鼓舞したのでしょう。

こうして文帝により、陳は征服され、
隋が南北朝の分裂に終止符を打ち、統一を成し遂げたのです。

Yahoo!百科事典《南北朝時代(なんぼくちょうじだい)》
http://100.yahoo.co.jp/detail/%E5%8D%97%E5%8C%97%E6%9C%9D%E6%99%82%E4%BB%A3%EF%BC%88%E4%B8%AD%E5%9B%BD%EF%BC%89/

文帝こと隋の
《楊堅(ようけん)》
http://100.yahoo.co.jp/detail/%E6%A5%8A%E5%A0%85/

《陳(ちん)》
http://100.yahoo.co.jp/detail/%E9%99%B3/

《わたしの調べた四字熟語》《第5回 一衣帯水》
http://homepage3.nifty.com/silverteru/yoji/itii.html

一衣帯水は、これまで日中友好の中で、
中国の指導者がよく発した言葉のよう。

今回の菅総理大臣の所信表明演説野では、
一衣帯水を単に近い関係という意味で
使っていらっしゃるようですが、
「苦しんでいる中国の民を救うために…」
と深読みできないこともない。

こうした故事をふまえて考えた時、
いろいろと考えさせられる言葉ですね。

大修館 四字熟語辞典》(アマゾン)


一衣帯水をどこで切るのか?

一・衣帯水
一衣・帯水


一衣帯水
http://www.mesig.com/wiki/%E4%B8%80%E8%A1%A3%E5%B8%A6%E6%B0%B4

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました