So-net無料ブログ作成

黒澤明監督伝説。「東海道新幹線を20分止めた」。萩原健一さんが語る。

朝日新聞夕刊のインタビュー《人生の贈りもの》。
2011年2月10日は、俳優・萩原健一さんの4回目、
最終回です。

《神代辰巳の技術、黒澤明の心意気》との見出しです。

1980年に、萩原健一さんが出演された
「影武者」の時の黒澤明監督の印象、
エピソードを聞いています。

萩原さんは、映画のテクニックについては、
神代辰巳監督、姫田真佐久カメラマンから
多くのものを学んだと言い、
黒澤明監督からは、映画に対するマナーを学んだと語り、
心意気がすごい具体例をあげます。

《姫路城での撮影のとき、音がはいるからって、
東海道新幹線を停めろと指示するんですよ。
どうなることかと思っていると、夜、旅館に
みんなを集めて、「君たち、国鉄が協力して
くれてね、20分だけ停めてくれることになったよ」。
これじゃー、よりやってやろうってなりますよ。
本当に交渉が成立したのかどうかは分かりませんが、
実際に20分間、しんとしました。ああ、
これが映画なのかと思った。》

うーん。恐るべし、黒澤明監督。
「天国と地獄」時に、当時の在来線特急こだま号が、
酒匂川の鉄橋にさしかかるシーンの撮影で、
民家が邪魔になったので、2階部分を取りのぞいたとの
伝説もありますね。

ところで、上の萩原健一さんの話、
細かいようですが、姫路城での撮影なら、
東海道新幹線じゃなく、山陽新幹線ではないでしょうか?
まあ東海道・山陽新幹線と続けていうこともあるのですが……。

映画の中では、姫路城は、織田信長の安土城、として出てきます。
封切りの時には、姫路城の全景があったと思ったのですが、
今、DVDで見ると、全景が出てこないんですよね……。

上の話は、この自叙伝。そして映画監督論の中にも出てきます。

ショーケン》(アマゾン)

日本映画[監督・俳優]論 ~黒澤明、神代辰巳、そして多くの名監督・名優たちの素顔~ (ワニブックスPLUS新書)》(アマゾン)

【送料無料】ショーケン》(楽天ブックス)



「影武者」の撮影風景などのNHK特集。

黒澤明の世界 [VHS]》(アマゾン)

影武者 [Blu-ray]》(アマゾン)

関連エントリー
「天才 勝新太郎」は読む映画。「影武者」降板の真相。黒澤を見切った勝。
名作はメディアが変わってもとは言うけれど…。黒澤明監督作品、Blu-ray化。




nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 1

nikitoki

萩原健一さんが2019年3月26日、都内の病院で亡くなっていたことが28日、分かりました。享年68。病名はGIST(消化管間質腫瘍)。
by nikitoki (2019-03-29 13:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました