So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

一万円札と千円札の記号と番号の印刷の色を黒から褐色に変更。なぜ? [気になるニュース]

財務省と日銀が、一万円札と千円札の記号と
番号の印刷の色を、黒から褐色に変更する
と発表したそうです。

新しい色のお札は7月19日の発行分から。

このニュースを聞いた時、
なんでと思ったのですが、
あなたはその理由をおわかりですか?

理由は、
お札に印刷されているアルファベットと
数字を組み合わせた9桁のお札番号を
すべて使い切ってしまったため。

AA111111Aって印刷されているアレですね。

今後、色違いで、同じ番号のお札が出てくるわけかー。

今の一万円札と千円札は、
2004年11月から発行。
案外新しいんですね、
およそ130億通りもあったらしいのですが、
6年半ほどで使い切ってしまったのですね。

自分の周りには余り回ってきていないようですが、
電子マネー時代と言われながらも、
まだまだお札の需要はあるということでしょうか。

なおこうした番号が尽きてしまったことが
理由での変更は、2000年4月に、
夏目漱石の千円札で褐色から暗緑色に
したことがあるそうです。

そうそう今回は印刷の色だけだそうですが、
お札というのは、定期的に変えないといけない
理由があるとも聞きました。

それは偽札防止と技術の継承のため。

長年同じお札だと、偽札を作られる可能性が
高くなるのだとか。
そして、紙幣を作る技術というのは特殊。
そのための技術者を養成しないといけません。

平素は紙幣以外のものを作ったり、
デザインしたりしているのですが、
やはりお札は別物。
そのための技術を先輩から後輩に
つないでいくためにも、定期的に
紙幣を新しくする必要があるとか。

最近、インターネットのアドレスが尽きてしまう
IPv4枯渇問題というのがありました。

そのため今後、IPv6に移行するという話です。

《IPv4アドレスの在庫枯渇に関して》
http://www.nic.ad.jp/ja/ip/ipv4pool/

十分にあると思われたインターネットアドレス。
無くなってしまうものなんですねー。

ちなみにIPv4が割り当てることが
出来たアドレスは、約43億個。
IPv6は2の128乗だとか。
もうこれなら大丈夫?

偽札百科》(アマゾン)

ニセ札はなぜ見破られるのか?―国家の基盤を揺るがすニセ札の世界的鑑定家と歩んだ10年》(アマゾン)

この本の著者・松村喜秀さんは、浅草橋にある
村松テクノロジーという偽札鑑定機の
トップメーカーの社長。
http://www.matsumura-tech.com/index.html

アナタの財布も危ない!ニセ札の恐怖 (扶桑社新書)》(アマゾン)

自分が持っているお札は本物としても、
お釣りで渡されるお札が本物とは限らない。
簡単に偽札か本物かチェックできるペン。

その場でチェック!偽札が紫外線照射ですぐわかる!【旅行用品】紙幣チェッカー付きボールペン TI-404-1【セキュリティグッズ・通貨管理】》(楽天)







nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 1

nikitoki

財務省は2018年10月18日、1000円札の記号と番号の印刷色を2019年3月18日の発行分から、褐色から紺色に変えると発表しまた。理由は上にある通り「記番号」をすべて使い切るため。現行1000円札の印刷色の変更は、これで2度目ですね。このまま現行のデザインのお札が続くとすれば、次回の変更はおよそ8年後ですね。
by nikitoki (2018-10-18 22:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました