So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ドイツ財務大臣が、ストラディバリウスを返還するよう指示。フランクフルト税関は大臣を告発。 [気になるニュース]

ドイツのフランクフルト国際空港の税関で、
またまたバイオリニストの有名バイオリンが押収され、
税金を請求されています。

ドイツ在住のバイオリニスト、有希・マヌエラ・ヤンケさんが、
差し押さえられたのは、イタリアの名器ストラディバリウス。
関税およそ1億2000万円を請求されています。

この問題に関し、

ドイツ財務省は、税関当局に、バイオリンを返還するよう
指示したとドイツの新聞が報じているとのこと。

この指示に対し、税関当局は反発。

逆に税関職員がジョイブレ財務大臣を、検察当局に、
脱税行為を手助けしていると告発したとのこと。

うーん、どうなっているのでしょうか?

税関は財務省の管轄下にあるはず。
その指示に従わず、逆に財務大臣を告発するとは。
自分は、法律に忠実に従っており正しい、逆に
財務大臣の指示こそが間違いであるということなんでしょうか?

自分こそ正義という思い込みのような気もするのですが、
そうした人にあたると怖いなー。

関連エントリー
今度は、ストラディヴァリウスが押収され1億2千万円要求。あのフランクフルト税関が。
堀米ゆず子さんの押収されていた1億円のバイオリン、課税受けず、返還へ。
バイオリニスト・堀米ゆず子さんの1億円相当の名器ガルネリが押収。無申告のため。一般人も注意を。




nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 2

nikitoki

フランクフルト税関当局に押収されていたドイツ在住のバイオリニスト、有希・マヌエラ・ヤンケさんが、日本音楽財団から貸与された名器ストラディバリウス。堀米さんのケースと同様、今回も無償で、楽器をヤンケさんに返還しました。無償返還の理由は明らかにされていません。こうしたケースがまた起こらないことを祈ります。
by nikitoki (2012-10-09 21:01) 

nikitoki

2018年10月29日「1番だけが知っている」という番組で、「ピアニスト清塚信也が震えた音楽事件ベスト3」との内容の特集が放送。その1位が堀米ゆず子さんのバイオリン押収事件でした。そのせいかこのエントリーにアクセスが集まっています。
by nikitoki (2018-10-30 11:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました