So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

初めて、選挙の世論調査の電話がかかってきた。 [気になるニュース]

2012年12月16日は、総選挙の投票日ですね。
一昨日、仕事場で仕事をしていたら、
電話がかかってきました。

出たら、女性の声。
ある新聞社の名前を告げ、総選挙についての調査をしていると言われました。

実は、そのすぐ前に、同じ新聞社の関連会社を
名乗る女性から電話がありました。
そちらは、新聞の有料のデジタル会員へのお誘いでした。

全くの偶然でしょうが、奇妙な感じがしました。

どちらの電話もそうですが、新聞社の名前を告げられても、
証拠はなく、相手の言葉、態度などから、判断し、
信じるしかありませんね。
(どちらも相手の電話番号は表示されていた)

調査には、こちらの個人情報や、
小選挙区、比例区の投票先のみならず、
支持政党、個々の争点など、聞かれた項目が多く、
時間がかかったのですけれど、
実際に、電話ってかかってくるものなのですね。

何年か前にも、そうした電話があり、
その時は、留守だったので、
留守電に、機械合成の女性の声が入っていました。

今回は実際の女性の声。
時期や費用によって違うのでしょうか?

またその新聞社は、前回の総選挙の時は、
小学校の投票所で、出口調査も行っていました。
その時は若い女性が、社の名前が入った腕章をして、
ボードを持って、調査していましたね。

定点的に調査しているんでしょうか?




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました