So-net無料ブログ作成

コロッセオ付近を通行止め ローマ市、遺跡保護目指し [気になるニュース]

ローマ帝国時代の、西暦80年に建設された
有名な円形闘技場コロッセオ。

世界遺産であり、世界中から、
ローマに観光客を呼び寄せています。

けれど、建設されてから、およそ2000年。
環境悪化もあり、かなり傷んでいます。

ローマ市は、遺跡の保護を目指して、
周囲のフォロ・ロマーノそばの道路を、
3日朝から、バス、タクシーといった公共交通機関、
自転車を除き、通行止めにしました。
(フォーリ・インペリアーリ通りのおよそ700メートル。
地下鉄コロッセオ駅から大通りに出るまで位)。

通行が認められる路線バス、タクシー、自転車なども、
最高速度は時速30キロに制限されています。

マリーノ市長が主導して勧められたもの。
現在は、まだ公共交通機関の通行が認められていますが、
将来的(5年以内)には、さらにベネチア広場までの
全ての区間(およそ1.5キロ)を、歩行者専用道路にしたいようです。

ここ数年、コロッセオは、地盤沈下、崩落を繰り返しており、
修復を行っています。

周辺道路を車が通過する際の振動が、原因では
と指摘されていました。

何度も、コロッセオや周辺は行ったことがあり、
すぐ近くのレジデンスに長期滞在したこともありますけれど、
あの辺りは、交通量も多く、一般の自動車が通れないとなると、
住民の人も懸念しているように、かなり渋滞するでしょうね。

しかし、貴庁な世界遺産の保護のためには、
仕方がないのかなー。
(地下鉄の振動も気になる所だが……)

関連エントリー
コロッセオの一部が崩落。イタリア経済危機で遺跡もピンチ。
ローマのコロッセオ。土台部分が40センチ沈み、崩壊の危機。
修復中のローマ・コロッセオの内壁に植物などの壁画発見。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

トラックバックの受付は締め切りました