So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

マイルの価値が下落。必要マイル数、増加の傾向。マイレージ。ユナイテッド航空、デルタ航空など。 [マイレージ]

すでに2013年11月に発表されていますが、
ユナイテッド航空は、特典航空券の必要マイル数を
2014年2月1日予約分から、大幅にアップします。

マイレージプラス利用者にとっては改悪です。

例えば、日本の国内線(全日空)のエコノミー席を利用する場合。
現在は、片道6000マイル、往復12000マイルですが、
2月1日予約分からは、
片道10000マイル、往復20000マイルとなります。

一気に70%近いアップです。

スターアライアンス特典で日本ーハワイの
エコノミークラスは、往復45000マイルから50000マイル。
ビジネスクラスは、往復65000マイルから100000マイル。
ファーストクラスは、往復95000マイルから160000マイル。

マイル数が据え置き、減少している路線も
あることはありますが、ほとんどが増加。

特に長距離路線のビジネス・ファーストクラスの
必要マイル数アップが目立ちます。

これまで、マイルの使い途として一番お得なのは、
まさに長距離路線のビジネス・ファーストクラスの
利用だったのですが、これが狙い撃ちされたようです。
かなりマイルの価値が下がっています。

特典航空券の有効期限は発券から1年。

なので、2014年1月末に予約・発券すれば、
2015年1月末までの特典旅行が可能。

すでに必要マイル数が貯まっている方は、
2014年1月末までに予約しておいた方がお得ですね。

○個人的には、一番良く使っている
 日本ーヨーロッパのエコノミークラスが9万マイルで
 据え置かれたのが助かりました。(2013年夏に利用)
 同区間のビジネスクラスは、12万マイルが15万マイル。
 こちらも2013年夏に片道利用したのですが、
 今後、利用しづらくなりました。

2014年2月1日以降の特典チャートなどについては、(英語)
https://www.united.com/web/en-US/content/news/United-Award-Chart-02-01-14.pdf

○エコノミーのマイルの価値、ビジネス・ファーストでのマイルの価値
 (繁忙期・閑散期、搭乗区間によっても違うが)
 アメリカでは、ビジネスクラス(へのアップグレード)の価値は1マイル=5セント、
 エコノミーは1セント~1.4セントとされている。

○デルタ航空も2014年2月1日以降、
 アメリカ大陸内のファーストクラス、
 ハワイ便などの特典航空券の必要マイル数をアップ。
 さらに2014年6月1日以降、他の路線についても、
 必要マイル数の大幅アップを実施予定。
 アメリカーヨーロッパ、ビジネスクラス往復10万マイル→12万5000マイル
 なおデルタは、2012年に必要マイル数を変更。
 その際は、太平洋路線を中心に引き上げ。

○ユナイテッド、デルタともに、ビジネス、ファーストクラスのマイル数の
 引き上げは、フルフラット座席、どこからでも通路に出られる座席配置など、
 両クラスの改善のためと説明。

○ユナイテッド航空のマイル数の引き上げは、2008年以来。

○エコノミーを含む必要マイル数の増加については、
 航空各社は航空券価格の上昇の結果と説明。
 全世界的には景気の回復を受け、上級クラスの利用が増加。
 それに伴い航空券価格も上昇している。

○世界の航空会社は、座席の供給数を絞って、
 稼働率を高め、運賃を維持または高めてきた。
 それが奏功し、航空券価格は上昇気味。
 稼働率が高まったため、特典航空券に回せる座席が減少。

○必要マイル数が減っているのは、日本ーオーストラリアの
 エコノミークラス片道25000マイルが22500マイルに。
 往復50000マイルが45000マイル。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:特典・懸賞

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました