So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

iPad miniが充電できなくなったので、ケーブルを買ったら……。MFi認定ケーブルでないと機能しない可能性。 [グッズ]

2014年年末に会社で使っているiPad miniの
充電が出来なくなったと弊社社長。

社長によれば、
どうやらUSBケーブルが
断線しているようだと。

12月31日、ほかの消耗品も含め、
ケーブルを買うため、ヨドバシアキバに
自転車で行きました。

Appleの売り場で、念のため
ケーブルと本体を持参し、
確認してもらしました。

すると本体は問題なし。
ケーブルに問題があることがわかったので、新品を購入することにしました。

ちなみにAppleCareに
入っているとケーブル類は
2年間は交換は無料。

http://store.apple.com/jp/product/S4690Z/A/applecare-for-ipad

残念ながら弊社のiPad miniは、初代のため、
2年間の保証期間が過ぎているため有償。

アップル売り場の係のお兄さんが、純正品、
そして互換品の売り場を教えてくれました。

純正品と互換品の価格を比較し、
300円ほど安い互換品を買うことに。
(互換品は1楷の別売り場に)

互換品を購入する前に、もう一度、
そこの売り場の人に確認をとりました。

さて、帰社後、弊社社長が
このケーブルを使って充電。
問題なく充電できたようです。

ところが、1月2日、
iPad miniが充電できなくなったと連絡が入りました。

仕事場にiPad miniを持ってきました。
ケーブルを接続。
いつもなら充電を開始するとつくはずの
稲妻マークがついていません。

なんでもバッテリーが減って、
ケーブルを差し込んだとき、
「このアクセサリーは使えません」
というような警告が出たのだそう。

けれどそのままケーブルをさしたまま放置。
しかしその後、真っ暗になってしまったと。

調べてみると、バッテリーの容量があまりに低いと、
画面が真っ暗になってしまうことがあるよう。
しばらく充電すると、いつもの充電画面になるとのこと。

しかし、新しく買ったケーブルでは、
指定の20分以上充電を続けても元に戻りません。

《iPad のバッテリーを充電する》
http://support.apple.com/ja-jp/HT202032
《iPhone、iPad、または iPod touch を充電できない場合》
http://support.apple.com/ja-jp/HT6347

もしかしてと再び調べたら、
MFi ロゴのないケーブルを使っていると、
下のような警告が出て、機能せず
充電できなくなる可能性があるとのこと。

《MFi ロゴ》
https://developer.apple.com/jp/programs/mfi/

《このケーブルまたはアクセサリは認定されていないため、
この iPhone で正常に動作しない可能性があります」
「このアクセサリはこのデバイスでは使用できません」》

なお1度もしくは何回か充電できていても、
突然、この警告が出て、
使えなくなることもあるみたいですね。
(弊社の場合は1度だけ充電できた)

いやー、店の人に確認して購入したのに。

わずか300円弱をけちってサードパーティー製の
MFi認定をうけていないケーブルを買ったばかりに……。

という訳で、アップル製品のケーブル類を
購入される場合は、
MFiロゴがあるかどうか確認しましょう。

純正品はもちろん大丈夫ですが、
サードパーティー製の場合は
特に確認が必要ですね。

明日にでも、ヨドバシアキバに行かねば。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました