So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

寄生虫の卵を飲んで、皮膚や腸を治療。臨床実験を開始。ウジ虫。ヒルはすでに実用化。 [気になるニュース]

昔、寄生虫(サナダムシ)の卵を飲んで
ダイエットするという寄生虫ダイエット
というのがありました。

それを思い出してしまいました。

東京慈恵会医科大が、「豚鞭虫(ぶたべんちゅう)」と呼ばれる
寄生虫の卵を飲ませて、免疫状態に変化を起こす治療法の
臨床試験を始めるそう。

寄生虫の卵を飲むことで、何を狙っているのか?




寄生虫により、一時的に感染症をおこし、
免疫システムを調節。

皮膚の病気・乾癬や
潰瘍性大腸炎などに効果が期待されているとのこと。

実験は、まず安全性を確認するため、
健康な男性に飲んでもらうのようです。

飲んだ卵は、ふ化して、腸に寄生。
そのあと、およそ2週間後に便とともに
排出されるんだとか。

すでに欧米では臨床研究が行なわれており、
卵をのんだ人の便が軟らかくなるといった例は
あったものの、重い副作用は報告されていないとのことです。

〇免疫システム
 大きく2種類。
 細菌やウイルスに反応するタイプ
 寄生虫や花粉に反応するタイプ。
 一方が働くともう一方は抑えられ、バランスをとりあうと言われている.com

 乾癬や炎症性の腸の病気の患者は、
 細菌に反応する免疫システムが過剰に働いている。
 →寄生虫に感染させ、寄生虫に反応する免疫システムを働かせ、
  病気の症状を抑えようという考え方。

そういえば、研究のため、サナダムシを体内に寄生させていた
寄生虫学の藤田紘一郎先生は、日本で花粉症が増えたのは、
サナダムシなどの寄生虫が、日本人からいなくなったから
との説を唱えていました。

ウジ虫を糖尿病による手足の潰瘍の治療に
利用したり、(Magot therapyマゴット療法)
ヒルを指先や四肢の切断面の血を吸わせるために
使っています。

それらは、ずいぶん昔から世界各地で
行なわれてきたもの。
まだまだ現代医療に使える、
昔の治療法があるかもしれませんね。


寄生虫博士・藤田紘一郎先生の最新刊。

《40歳からはパンは週2にしなさい-小麦を減らすと、脳と身体が若返る- (廣済堂健 康人新書)》(Amazon)

《手を洗いすぎてはいけない 超清潔志向が人類を滅ぼす (光文社新書)》(Amazon)


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。