So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

卓球の張本、五輪王者破る大金星。荻村杯ジャパンOP。大金星、金星って何。 

現在、北九州で開かれている
卓球の荻村杯ジャパンOP。

そのシングルス準々決勝で、男子は14歳の
張本智和がリオデジャネイロ五輪王者で
世界選手権個人戦2連覇中の馬竜を
4―2で破りました。

新聞各紙では、これを「大金星を挙げた」
といった表現で報じています。

このニュースを読んだ母が、
「大金星って何だっけ」と聞いてきました。

あなたはご存じですか。



大金星は金星のさらに上の表現。

金星は「きんぼし」と読み、
大相撲で平幕の力士が、横綱を破った
ときの勝ち星のこと。

そこから転じて、他のスポーツや、
一般社会でも、実力の下の者が、
はるかに上の存在を打ち負かすこと、
大きな手柄をあげた場合にも使われる
ようになりました。

なお大相撲では勝ち負けを、
白星、黒星と星で表現。
その最たるものから「金」星(きんぼし)
となったと言われているそう。

〇星取表(ほしとりひょう)。
 白と黒の記号(〇)で取り組みの勝敗を示した表。
 勝ちを白丸、負けを黒丸で表し、
 それぞれ、白星(しろぼし)、黒星(くろぼし)と呼ぶ。
 これは江戸時代まで、丸印が星に見立てられていたこと
 から。

〇大金星は、明白に勝てないと思える相手に
 勝利した場合を言うとの説も。

〇また大相撲の世界の隠語で、美人、また、
 会うと運が上がる女性のことも「金星」と
 言われる。
 なお明治時代、大相撲の巡業に帯同した女性の
 旅役者「おかる」は、容姿が余りよくなかったところから、
 美人でない女性のことを「おかる」と呼ぶよう。

〇大相撲の世界で「金星」をあげると、
 手当が上乗せされる。
 金星一つで一年間でおよそ24万円ほどに
 なるとのこと。この手当は関取でいる限り、
 引退するまで続く。
 公式プロフィールには、
 必ず金星の数が掲載される

http://www.sumo.or.jp/ResultRikishiData/profile/2489/

《大相撲の「金星」 一つ取ると年収これだけアップ
抜井規泰2018年1月24日17時07分》
https://www.asahi.com/articles/ASL1M6H2KL1MUTIL05T.html

〇力士のタブー
 大相撲では「手をつく」と負けとなるため、
 手が地面についている四つ足の牛、豚は、
 場所中に食べないとのタブーあり。
 なので「ちゃんこ」には、手がつかない
 鶏が使われることが多い。
 (鶏は二本足で立ち手をつかない。「土がつかない」 )

 また「黒星」を避けたいので、
 取り組み前、国技館など会場に入る力士に
 サインをねだるのはNG。
 黒のマジックが「黒星」を連想させるため。

 車の色も白が多い。

 ビールはキリンよりサッポロ。
 キリンのラベルの麒麟が
 手をついているように見えるため。
 サッポロのラベルの星は白星を連想させるため。

 ウィスキーで言えば、サントリーオールドは、
 黒くて丸い瓶のため、避けられる。

 大相撲の「のぼり」は、
 「相撲幟」「興業のぼり」とも呼ばれ、
 力士の名前は黒以外、スポンサー(タニマチ)の
 名前は赤以外の色(黒を使う場合もあり)を
 使うよう決められているようです。
 力士は黒星がつかないように、
 スポンサー(タニマチ)は赤字にならないように
 との験担ぎ。
 また力士の名前の字はやや右上がりに
 書かれています。(最後のはねは力士の髷に似せる)
 成績が右肩上がりになるようにとの願いを込めたものです。
 (日本相撲協会主催の本場所、巡業に使用する「のぼり」は、
 相撲協会の許可が必要。また指定の専門業者が作成する)
 相撲幟は一場所ごとの使い切り。

 (以上のような験担ぎは、力士による。
 全然気にしない力士もいる)

《大相撲 伝統を支える職人「のぼり旗」【11(土)大相撲九州場所前夜祭を放送!】》
https://hh.pid.nhk.or.jp/pidh07/ProgramIntro/Show.do?pkey=507-20171106-21-51296

〇全国の相撲幟のおよそ六割を生産しているのが、
 岐阜県の吉田旗店の吉田稔さん。
http://nobori-hata.com/

《吉田旗店会長 吉田稔さん 染め物は人をつなぐ(1)
2017/10/10付日本経済新聞 夕刊》
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO21990160W7A001C1NZBP00/

《染め物を手作りできる職人は今や全国に約200人。
その半分強を育ててきたのが岐阜市の染め物店、吉田旗店。》

《長良川の水で仕上げる相撲幟、美濃筒引き本染め体験》
http://nagaragawa.onpaku.asia/programs/59439d8a421aa9672300080b

https://www.facebook.com/pages/biz/topic_shopping_retail-%E5%B2%90%E9%98%9C%E5%B8%82/%E5%90%89%E7%94%B0%E6%97%97%E5%BA%97/254887311649094/

《京都の天文学【6】星のしるしと
晴明桔梗捕逸:W更級日記』の人魂
白井正(京都学園大学)》
https://www.kwasan.kyoto-u.ac.jp/hosizora/astron/astron6/astron6_P15-19.pdf

《東洋では長い間、星を表すシンボルは、女ではなく oでした。
そこで、日本語の「ほし」も、小さな丸い点を意味しています。
相撲の白星・黒星やナナホシテントウムシ、碁盤の上の 9つの
黒点、かぶとの板に打ちつけた鋲(びょう)の頭などは、
いずれも「ほし」です。》


〇播本選手は、準決勝で昨年の世界選手権個人戦3位の
 李尚洙(韓国)を4―2で破り、決勝はロンドン五輪
 金メダリストの張継科(中国)に4―3で逆転勝ちしました。

nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。