So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

メルカリ上場、時価総額8000億円。マザーズに。ユニコーン企業とは。

フリーマーケットアプリを
運営するメルカリが東証の
新興市場マザースに株式を上場しました。

初値は1株5000円、発行済み株式総数を
掛け合わせた時価総額は6766億円になりました。

このメルカリ。

「ユニコーン」企業と呼ばれているんだそう。

あなたはご存じですか。



ユニコーンはヨーロッパに伝わる伝説上の動物。
額に長いねじれた一本の角があるところから、
一角獣とも呼ばれています。

ユニコーンは、聖書の中に伝承が書かれており、
最強の動物で捕らえるのがとても難しい。その角
(で作った杯)は、解毒作用があるとも言われています。

非常にまれながら、とても貴重な動物なんですね。

ここから、ユニコーン企業とは、
それまでの企業、枠にとらわれない、
新しいビジネスを手がける
ベンチャー企業で、投資家、投資企業にとって
ユニコーンのようにまれで、巨額の利益を
もたらす可能性のある企業を指すように。

ユニコーン企業とされるのは、例えば、
配車大手ウーバー・テクノロジーズ、
民泊仲介大手のエアビーアンドビー、
他に中国のシャオミ小米科技・Xiaomi、
アメリカのFacebook、Twitterなど。

アメリカ、中国ではこうしたユニコーン企業が出てきて
市場、経済を活性化していますが、日本はこのメルカリが
初めてのユニコーン上場と言われているんだとか。

日本の経済を活性化するために、
第二第三のメルカリが出て欲しいですね。

コトバンク、ユニコーン企業
https://kotobank.jp/word/%E3%83%A6%E3%83%8B%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%B3%E4%BC%81%E6%A5%AD-1713160

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。