So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

大麻解禁されたカナダで大麻を吸って帰国したら、逮捕されて処罰されるの。 [気になるニュース]

先進国として初めて、カナダで大麻の販売と利用が
2018年10月17日から、合法化されました。

大麻販売店が開店し、大麻を買い求める人たちが
集まっているようです。

〇合法なのは、21歳以上の成人が
 ライセンスを取得した販売店で
 大麻を購入すること。所持は30gまで。
 世帯当たり4株までの大麻の栽培。

〇すでに2001年から、カナダでは、
 医療目的での大麻使用が合法化されている。

〇嗜好用大麻が合法化されているのは、
 先進7カ国(G7)の中では初めて。
 世界全体で見ると、ウルグアイに次ぎ2番目。
 なおアメリカは、州ごとに規定が異なっており、
 カリフォルニア州、コロラド州など全米で9州が合法。
 連邦法では、まだ解禁されていない。

 カリフォルニア州に関しては、在ロサンゼルス日本国総領事館
 《マリファナのカリフォルニア州での取扱い 2017年6月29日》
https://www.la.us.emb-japan.go.jp/web/news_ryoji_taima.htm

 《カリフォルニア州においては、2016年11月、21歳以上の
 者の嗜好品としてのマリファナの所持(28.5グラムまで、
 濃縮大麻は8グラムまで)及び自宅や認められた場所での使用が
 一定の条件の下では違法ではなくなりました。 しかし、米国には
 連邦法があり,連邦法の「規制物質法(Controlled Substances Act)」
 では,マリファナはSchedule1に分類される幻覚作用のある禁止薬物
 とされ,州法で合法化されたマリファナであっても,連邦法では別の
 取扱いになります。》

〇カナダ全土で大麻合法化になった訳ですが、
 カナダ各州では細かな規定が異なります。
 大麻自体ではなく大麻入り食品などは未解禁。
 解禁は早くても1年後とのこと。

 ライブ・バンクーバー
《2018/07/03(火) まとめニュース
日本国民は対象外?「大麻合法化」で
知っておきたいカナダのマリファナ事情》
http://lifevancouver.jp/marijuana_matome

 
〇トロント、バンクーバーでは、ライセンスを持った
 大麻小売店は開店していないと伝えている記事があったが、
 少なくともバンクーバーでは
 Canna City、Cannabis Cultureなどの販売店が営業を行っている。
 (この2つはもともとは医療用大麻販売店)
 嗜好用大麻販売店としては、
 GREEN PANDA DISPENSARY、
 Honeypot Shop, Canada’s Cannabis Storeなどがある。

このニュースを見聞きして、カナダに旅行して、
大麻を吸引なんて考えている日本人もいるかもしれません。

日本人がカナダで大麻を吸っても問題ないのでしょうか。
帰国後、逮捕されたりしないのでしょうか。
在カナダの日本国総領事館では、在留邦人、旅行者に対し、
大麻の所持、購入を含む譲渡をしないよう呼びかけています。

というのは、日本では大麻取締法があり、
その中で、大麻の所持や購入を含む譲渡が
違法で、処罰対象。
そして、この規定は、国外犯すなわち、
海外で行われた場合であっても適用されるからです。
(国外犯処罰規定)

在バンクーバー日本国総領事館
2018年10月4日
《カナダにおける大麻の合法化について》
https://www.vancouver.ca.emb-japan.go.jp/itpr_ja/00_000921.html

《1.カナダでは、本年10月17日から、大麻(マリファナ)の
   所持・使用が合法化されます。
 2.一方、日本では大麻取締法において、大麻の所持・譲受
  (購入を含む)等については違法とされ、処罰の対象と
  なっています。
3.この規定は日本国内のみならず、海外において行われた
   場合であっても適用されることがあります。
4.在留邦人や日本人旅行客におかれましては、これら日本の法律を
遵守の上、日本国外であっても大麻(大麻を含んだ食品・飲料に
ついても同様)に手を出さないように十分注意願います。》

《発出日時:2018年10月11日 09:15
注意喚起(カナダにおける大麻(マリファナ)の合法化について)》
https://www.anzen.mofa.go.jp/od/ryojiMailDetail.html?keyCd=68717&fbclid=IwAR2rnfx3nda3m4YXwDwLSOx_SsYtFHbvs0nmd9IGQUPSe9fAwjU42U1COfM

〇大麻を使用するだけの場合は処罰されない。
 使用のみを処罰していないのは、合法的に栽培している人が、
 栽培の最中、意図せず、粉末などを吸い込む可能性があり、
 そうした行為を処罰対象にしないためとされています。
 (使用を処罰の対象外とした立法趣旨)
 一般の人の場合、誰からも譲り受けず、かつ所持をしないで
 使用だけするということは、物理的に考えられません。
 なので、「使用しただけなので無罪」といった
 言い訳は、当局には認められません。
 ご注意下さい。

以上からすると、カナダで合法であっても、
販売店から大麻を購入し、所持し、使用した場合は、
形式上は、日本の大麻取締法の国外犯処罰規定に
抵触しそうです。

しかし、以下のように処罰されないと
考える、法科大学院教授、弁護士もいます。

《日本人旅行者や留学生がカナダに行って、
カナダで大麻を購入したり、所持したり
することは、それらの行為がカナダ国内で
完結しているならば、彼らが帰国した後に
大麻取締法の適用はないと考えるべきです。》

《カナダで大麻を使用して帰国した日本人旅行者や
留学生は大麻取締法によって処罰されるのだろうか
園田寿 | 甲南大学法科大学院教授、弁護士
10/18(木) 23:33》
https://news.yahoo.co.jp/byline/sonodahisashi/20181018-00100964/

詳細は、上記リンクをお読みいただくとして、
取り締まり対象になるとしても実際問題として、
日本人がカナダで大麻を譲り受け、所持し、
使用したと当局が把握し、立件することは、
かなり困難です。

しかし写真付きでSNSなどに公開していれば、
立派に証拠になり得ます。

カナダでの大麻の使用を勧める訳ではありませんが、
これみよがしに、SNS、ブログ、HPなどに、
使用の実態を公開することは、当局に捜査の端緒を
与えることになるかもしれませんね。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。